【インラインホッケー】競技結果報告

インラインホッケー競技は、日本から12名(男子12名)が派遣されました。

○派遣者一覧

・選手

西永健太郎

石井寛人

多田真章

宮崎浩一郎

岡田俊樹

山口大喜

一條健太郎

曽山雄大

金谷 拓

井手隆弘

鈴木翔也

増渕功樹

 

競技の結果は以下の通りです。

○男子

1 フランス

2 イタリア

3 チェコ共和国

4 カナダ

5 スペイン

6 ラトビア

7 スイス

8 コロンビア

13  日本

○対戦成績

日本  6-4  台北

日本  17-0    マカオ

日本   38-0   インド

日本  3-4  スペイン

日本  6-9  台北

日本  5-0  ブラジル

日本  7-5  ドイツ

インラインホッケー 帰国

先ほど、インラインホッケー日本代表一同は無事、帰国致しました。

合わせて、World Roller Games2017の最終成績をご報告致します。

インラインホッケー日本代表は

13位/20ヵ国

となりました。

目標としていたベスト8には手が届きませんでしたが、
世界のレベルの高さを肌で感じつつも、
日本が世界に通用するということも少なからず感じることが出来ました。

この大会に参加し、貴重な経験ができたのは、
多くの方からのご支援、ご協力、ご声援があったからです。
改めまして、選手一同感謝申し上げます。

そして、選手たちは今後、
各自のスキルアップはもちろん、
インラインホッケー界発展のため、
努めて参ります!

すぐには難しいかもしれませんが、
日本において、インラインホッケーが多くの人に知られるスポーツとなり、
そして、世界のトップレベルと渡り合えるようになれることを願っています。

皆様もぜひ、インラインホッケー界発展に引き続きご協力いただければ幸いです。

繰り返しにはなりますが、
インラインホッケー日本代表を応援していただき誠にありがとうございました!!

 

インラインホッケー日本代表 一同

インラインホッケー 対ドイツ

-試合結果-

インラインホッケー第6戦、日本対ドイツの試合の結果は、7対5により勝利しました。

前半 後半 トータル
日本 2 5 7
ブラジル 1 4 5

※前半20分 後半20分 STOP TIME

本日のゴールキーパーは前半#66鈴木、後半#77山口が出場しました。

-日本得点状況-

 時間 ゴール アシスト アシスト
06:29 #13 岡田 #22 曽山 #
07:30 #17 宮崎 #91 金谷 #
20:25 #73 多田 #22 曽山 #
21:37 #23 井手 #13 岡田 #
21:58 #8 西永 #22 曽山 #
37:56 #73 多田 #8 西永 #
39:21 #11 一條 # #

日本の最終戦は13位をかけてドイツと対戦した。

前半は#13岡田と#17宮崎のゴールで2対1と1点リードで試合を折り返すと、後半開始25秒で#73多田が得点しリードを2点に広げた。

その後、後半1分37秒には#23井手、1分58秒に#8西永と立て続けに追加点を取り5対1とさらにリードを広げた。

しかしドイツの攻撃もこれで終わらず、後半2分52秒、4分19秒、8分46秒、15分47秒とじわじわと4失点を喫し同点とされてしまう。

そのうち3点は反則によるキルプレーでの失点だった。

その後は反則は無く、後半17分56秒に#73多田が、#8西永からのパスを決めて6対5。

ドイツはキーパーをベンチに戻し5人攻撃を仕掛けてくるが、#13岡田が奪ったパックを#11一條が無人の相手ゴールに流し込み7対5で試合終了となった。

この試合の結果、日本は13位でこの大会が終了となった。

 

-選手コメント-

大会中、体調不良により試合に出られずチームに迷惑をかけてしまいました。

その分回復後は少しでもチームに貢献できればと思いプレーしました。

ペナルティーが重なり、無j図化しい場面もありましたが、チーム一丸となり大会最後の試合を勝って笑顔で締め括れたことはとてもうれしかったです。

応援ありがとうございました。

#77 山口 大喜

 

本日のドイツ戦7対5で勝利し、大会を13位で終えました。

目標としていたベスト8をあと一歩のところで逃し、課題が新たに見つかった大会でもありました。

このメンバーで戦えたことに感謝し、来年の世界選手権に向けてまた一から頑張ります。

#13 岡田 俊樹

 

-今後の試合スケジュール-

本日の試合で今大会の日本チームの試合はすべて終了となりました。

みなさま応援ありがとうございました。

応援頂いている皆様に、少しでも現地での試合の様子をお伝えしたいと思い、なるべく試合の展開を試合時間順に書き出すように記事を作成しました。

しかし、インラインホッケーチームは今大会スタッフの帯同はなく選手のみでの参加となっていたため、画像等素材の準備が難しかったり、ネット環境やスケジュールの関係で更新に時間がかかったりと、なにかとご迷惑をおかけしたと思います。申し訳ございませんでした。

今大会はこれで終了となりますが、今後の日本でのインラインホッケーの発展のため、選手一同、より一層の努力を続けていきますのでこれからも応援頂けると幸いです。

今大会の応援ならびにサイトの閲覧、誠にありがとうございました。

更新担当 #7 石井 寛人

 

 

インラインホッケー 対ブラジル

-試合結果-

インラインホッケー第6戦、日本対ブラジルの試合の結果は、5対0により勝利しました。

前半 後半 トータル
日本 2 3 5
ブラジル 0 0 0

※前半20分 後半20分 STOP TIME

本日のゴールキーパーは前後半共に#77山口が出場しました。

 

-日本得点状況-

 時間 ゴール アシスト アシスト
06:27 #8 西永 #17 宮崎 #
13:29 #22 曽山 #91 金谷 #
23:30 #73 多田 #8 西永 #
28:52 #26 増渕 # #
36:17 #13 岡田 # #

昨日おとといと2連敗中の日本はブラジルと戦った。

昨日の反省を活かし、絶対に先制点を与えたくない日本はまずは守りからしっかりと試合をスタートさせた。

また、試合前にキャプテンの#8西永から、あせって無理やり攻撃を仕掛けるのではなくしっかりリグループ等を使い体制を整え、単発の攻めで相手にパックを渡してしまわないよう指示が出た。

前半5分は互いに得点が無いまま進んだが、6分27秒日本が3-2の形でチャンスをつかむと、#17宮崎からスロットゾーンでパスを受けた#8西永がシュートを決め1対0のリードを得た。

さらに前半13分29秒、#91金谷がサイドから相手ゾーンに攻め込み敵を引き付けたところでフリーになった#22曽山にパスを落とし、高めから狙いを定めたスラップショットで追加点を決め2対0。

前半は2点リードでハーフタイムに入った。

ハーフタイムに入ってしばらくすると、会場の照明が突然すべて消えるアクシデントがあり、後半開始まで20分ほどのタイムロスが発生したが、その間もベンチで前半の反省や後半へのミーティングをしたり、暗い中リンク内でスケーティングしたりとそれぞれ心身ともに集中を切らさぬよう努めた。

無事に照明が戻り後半に入っても日本は集中を切らさず、逆に焦りが出始めたブラジルは少々荒いプレッシャーが目立ち始めた。

それでも日本は冷静なプレーを続け、後半2分30秒にブラジルの反則からパワープレーを得ると、ゴール横で#8西永からのパスを受けた#73多田が相手ゴールネットを揺らし3対0に。

続けて後半8分52秒には#26増渕が追加点を決め日本はリードを4点に広げた。

後半10分以降はブラジルも猛攻を仕掛けてきたが、#23井手の持ち味である渾身の守りを筆頭にDF陣の好守やゴールキーパー#77山口のナイスセーブに助けられ日本は失点0のまま試合は終盤5分へ突入。

 

 

後半16分17秒には#13岡田がダメ押しの1点を決め試合を決定的にすると、ブラジルはタイムアウトをとりその後ゴールキーパーをベンチに戻し5人攻撃をしかけてきたが、日本がしっかり守りきり5対0のまま試合終了。

2試合ぶりに出場した#77山口が日本のゴールを守りきり完封勝利を果たした。

 

-選手コメント-

今日の結果は5対0でシャットアウトに抑える事ができ、明日に繋がる良い流れを作れたと思います。

明日は最終戦です。

思い残すことのないよう全部出し切って日本に帰りたいと思います。

個人的にはポイントランキング1位を狙っているので最終戦も頑張ります。

#11 一條 健太郎

 

-今後の試合スケジュール-

9月9日 8:30(日本時間9:30)~ 順位決定戦

 

なお、大会公式サイト上でライブ中継が行われます。

日本の試合が中継されるかわかりませんが、世界各国のプレーをご覧いただけますのでぜひチェックしてみて下さい!

http://firs.rollersports.tv/live/liveId=A217BCEBB2594BDF8FE2E65131DBF6630255

 

 

インラインホッケー 対台北2

-試合結果-

インラインホッケー第5戦、日本対チャイニーズ台北の試合の結果は、6対9により敗戦しました。

前半 後半 トータル
日本 3 3 6
台北 5 4 9

※前半20分 後半20分 STOP TIME

本日のゴールキーパーは前後半共に#66鈴木が出場しました。

 

-日本得点状況-

 時間 ゴール アシスト アシスト
02:12 #91 金谷 #11 一條 #26 増渕
13:19 #8 西永 #22 曽山 #13 岡田
14:25 #11 一條 # #
25:23 #7 石井 #91 金谷 #
31:02 #8 西永 #7 石井 #
33:51 #11 一條 #22 曽山 #

予選リーグで勝利しているとはいえ、過去の大会では敗戦暦もある台北を相手に気を抜かずにしっかりと勝利して次に駒を進めたい日本だったが、開始15秒で先制点を許してしまう。

すかさず反撃に出て前半2分12秒に#91金谷が1点を返すも、その後前半9分29秒、9分34秒、10分50秒と立て続けに失点してしまう。

#8西永、#11一條の得点で3対4に詰め寄るものの、前半16分30秒にさらに1失点し、3対5でリードされたまま前半が終了。

後半5分23秒には#91金谷のパスを#7石井が決めて再度1点差になったが、後半11分、後半12分と失点を重ね点差は3点差に開いてしまう。

後半18分54秒には5人攻撃中#11一條がミドルシュートを決め1点を返すも、その後相手にエンプティーゴールを奪われ点差は3点のまま試合終了。

予選リーグでは勝利していただけに悔しい結果となった。

 

 

-選手コメント-

昨日の試合でベスト8を逃してしまったので、残りの試合はすべて勝って9位になるつもりで試合に挑みました。

それなのにこのような結果になってしまい、応援いただいてるみなさんに申し訳ない気持ちと、不甲斐ない気持ちでいっぱいです。

しかし、試合は明日もあさっても続きます。

ですので今は前を向いて、残りの試合に全力を尽くしたいと思います。

あと2試合応援よろしくお願いします。

#7 石井 寛人

 

 

-今後の試合スケジュール-

9月8日 10:00(日本時間11:00)~ 対韓国 ブラジル(訂正)

 

なお、大会公式サイト上でライブ中継が行われます。

日本の試合が中継されるかわかりませんが、世界各国のプレーをご覧いただけますのでぜひチェックしてみて下さい!

http://firs.rollersports.tv/live/liveId=A217BCEBB2594BDF8FE2E65131DBF6630255

 

 

インラインホッケー 対スペイン

-試合結果-

インラインホッケー第4戦、日本対スペインの試合の結果は、3対4により惜敗しました。

前半 後半 トータル
日本 2 1 3
スペイン 1 3 4

※前半20分 後半20分 STOP TIME

本日のゴールキーパーは前後半共に#66鈴木が出場しました。

 

-日本得点状況-

 時間 ゴール アシスト アシスト
16:47 #17 宮崎 #73 多田 #
18:44 #7 石井 #91 金谷 #11 一條
33:51 #26 増渕 #8 西永 #

本日、日本はベスト8を賭けてスペインと戦った。

先日まで同会場で行われていたU20(20歳以下の代表)の部では準優勝を果たしているスペイン。

真っ向勝負では分が悪いと判断した日本チームは、あまり相手にぴったりと付きすぎない引き気味のマンツーマンでインサイドを徹底して守る作戦を立てて勝負に挑んだ。

この作戦が功を奏し前半10分は相手にパックを支配されつつも0対0のノースコアのまま試合が進んだ。途中ノーマークをとられる場面もあったが、#66鈴木の好セーブがゴールを守った。

しかし、沈黙を破ったのはスペインだった。

前半13分59秒、ゴール前でわずかな隙をつかれDFの間にパスを通され失点。0対1に。

だが日本もすぐに反撃に出ると前半16分47秒、2-1のチャンスを掴み、#73多田のパスを#17宮崎がワンタイムシュートで決めて同点とする。

さらに前半18分44秒、スペインの反則により日本がこの試合二つ目のパワープレーを獲得すると、#11一條のパスから#91金谷がスラップショットを放つと、ゴール前で#7石井がディフレクションに入り得点。2対1で前半が終了し試合を折り返した。

後半も集中力を切らさずに守りきりたい日本だったが、後半開始1分16秒に失点してしまい2対2の同点に。

さらに後半5分2秒にも失点し2対3と逆転されてしまった日本。

なんとしてもこれ以上点差を離されずに追いつきたい日本だったが、後半10分14秒に日本の反則からアドバンテージがかかった状態でシュートを打たれ、#66鈴木がセーブしたがリバウンドがこぼれたところを押し込まれ2対4とされてしまう。

なんとしても追いつきたい日本はタイムアウトをとり、2点差で残り5分を迎えた場合ゴールキーパーを上げてプレーヤー5人攻撃を仕掛ける作戦を立てる。

その後、後半13分51秒に#26増渕が粘り強いプレーで相手ゴールを攻め立て1点を奪い3対4とするも、後半16分47秒に日本が反則を取られ、5人攻撃をかけるタイミングを失ってしまう。

キルプレーはなんとか守りきり、残り1分を切ったところで5人攻撃をしかけるも一歩及ばず試合終了。

3対4で惜しくもベスト8を逃した日本は、明日以降も現時点で狙える最高位の9位を目指して戦う。

 

 

 

-選手コメント-

全身全霊で望んだ決勝トーナメント第一戦、すべてにおいて上回っていたスペインに対し戦略的に勝負を仕掛けました。

前半は2対1とリードで終えたものの後半はさらにハードな展開を向かえ最終的には悔しくも一点差で敗れました。

あと少し何かが足りない、決して勝てない相手ではない、そんな悔しさが残るゲームでした。私自身はベストバウトの1つだったと生涯記憶に残るゲームだと思っています。

明日からは順位決定戦が始まります。この試合で得たものを糧に最後まで一瞬一瞬に全力を尽くします。

#66 鈴木 翔也

 

 

-今後の試合スケジュール-

9月7日 16:00(日本時間17:00)~ 対チャイニーズ台北

 

なお、大会公式サイト上でライブ中継が行われます。

日本の試合が中継されるかわかりませんが、世界各国のプレーをご覧いただけますのでぜひチェックしてみて下さい!

http://firs.rollersports.tv/live/liveId=A217BCEBB2594BDF8FE2E65131DBF6630255

 

 

インラインホッケー 対インド

-試合結果-

インラインホッケー第3戦、日本対インドの試合の結果は、38対0により勝利しました。

前半 後半 トータル
日本 18 20 38
インド 0 0 0

※前半20分 後半20分 STOP TIME

本日のゴールキーパーは前後半共に#91金谷(#77着用)が出場しました。

 

-日本得点状況-

 時間 ゴール アシスト アシスト
00:27 #73 多田 # #
03:00 #11 一條  #17 宮崎 #
05:01 #11 一條 #7 石井 #
06:38 #7 石井 #17 宮崎 #
06:50 #7 石井 # #
08:33 #11 一條 #22 曽山 #
09:09 #11 一條 #
09:42 #22 曽山 #
09:50 #17 宮崎 #8 西永 #
11:13 #26 増渕 #73 多田 #
12:14 ##8 西永 #7 石井 #
13:28 #26 増渕 # #
13:59 #17 宮崎 #8 西永 #
15:10 #7 石井 #8 西永 #
17:16 #22 曽山 #8 西永 #73 多田
17:34 #22 曽山 #13 岡田 #
18:13 #8 西永 #26 増渕 #
19:41 #11 一條 #26 増渕 #
00:15 #22 曽山 #73 多田 #
21:09 #13 岡田 #22 曽山 #17 宮崎
23:54  #73 多田 #22 曽山 #8 西永
24:29 #7 石井 #73 多田 #8 西永
25:19 #73 多田 #17 宮崎 #
2530 #17 宮崎 #11 一條 #
28:17 #11 一條 # #
29:52 #22 曽山 # #
31:23 #17 宮崎 # #
31:41 #73 多田 # #
33:47 #11 一條 # #
34:08 #8 西永 #11 一條 #
34:41 #13 岡田 #11 一條 #
35:01 #26 増渕 #73 多田 #
36:35 #73 多田 # #
36:53 #7 石井 #17 宮崎 #
37:35 #11 一條 #8 西永 #
38:00 #22 曽山 #8 西永 #
38:30 #8 西永 #91(#77) 金谷 #
39:23 #13 岡田 #8 西永 #22 曽山

ゴールキーパーの#77山口と#66鈴木両名が若干の体調不良であったため、明日からの決勝ラウンドに備えて温存策を採った日本は、本来フィールドプレーヤーである#91を急遽ゴールキーパーに起用。

被シュートは少なかったものの、見事なセーブで日本のゴールを1試合通して守りきり、完封勝利に貢献した。

また普段はライトハンドで味方のFWに絶妙なパスを送り出す#91金谷だが、後半18分30秒には慣れないキーパースティックでも見事なパスを送りキャプテン#8西永がそれをしっかりと決めアシストをつけた。

 

試合は終止日本がパックをキープし大量得点を得た。

途中、相手スティックが#11一條の顔に当たり歯を負傷するアクシデントがあったが試合中に復帰しており明日からの試合にも出場予定。

 

 

-選手コメント-

今日の試合は終止日本が攻める形となりましたが、前半はあまりよい形で得点をする事ができませんでした。

しかしすぐに修正し、後半徐々にパスの精度も上がり次に繋がる形を作れたと感じました。

明日は大一番の試合となるのでこれまで以上に頑張って試合に挑みたいと思います。応援よろしくお願いします。

#73 多田 真章

 

 

-今後の試合スケジュール-

9月5日 9:00(日本時間10:00)~ 対インド

9月6日以降 決勝ラウンド

 

なお、大会公式サイト上でライブ中継が行われます。

日本の試合が中継されるかわかりませんが、世界各国のプレーをご覧いただけますのでぜひチェックしてみて下さい!

http://firs.rollersports.tv/live/liveId=A217BCEBB2594BDF8FE2E65131DBF6630255

 

 

インラインホッケー 対マカオ

-試合結果-

インラインホッケー第2戦、日本対マカオの試合の結果は、17対0により勝利しました。

前半 後半 トータル
日本 10 7 17
マカオ 0 0 0

※前半20分 後半20分 STOP TIME

本日のゴールキーパーは前半#77山口、後半#66鈴木が出場しました。

 

-日本得点状況-

 時間 ゴール アシスト アシスト
03:22 #8 西永 #22 曽山 #
03:41 #91 金谷 #22 曽山 #
04:03 #26 増渕 #91 金谷 #
05:12 #7 石井 #22 曽山 #
06:18 #13 岡田 #8 西永 #
12:15 #73 多田 #7 石井 #
12:43 #7 石井 #8 西永 #
15:04 #73 多田 #22 曽山 #
15:45 #11 一條 #91 金谷 #
17:14 #17 宮崎 #22 曽山 #
22:08 #11 一條 #91 金谷 #
28:03 #11 一條 #17 宮崎 #91 金谷
30:09 #73 多田 #8 西永 #
33:37 #26 増渕 #17 宮崎 #
34:59 #22 曽山 # #
36:38 #91 金谷 #23 井手 #
37:07 #17 宮崎 # #

試合開始から終止日本がパックを支配していたが、昨日のチャイニーズ台北の積極的なフォアチェックに比べて序盤からボックスを組んだマカオの守りに、どのセットもファーストシフトは得点する事ができなかったが、3分22秒にキャプテンの#8西永が#22曽山のリバウンドを決め1対0とすると、#91金谷・#26増渕・#7石井・#13岡田の連続ゴールで前半10分で5対0とリードした。

その後も#7石井・#73多田×2・#11一條・#17宮崎のゴールで前半を10対0で折り返した。

後半は開始2分の#11一條のゴール以降なかなか点差が広がらずにいたが、#8西永がベンチでチームに喝を入れると再び足を動かし、#22曽山や、チーム最年少#26増渕らにもゴールが生まれ、17対0で勝利を収めた。

マカオが小さいボックスを組んだ守りで、単独突破は難しく、この試合はほとんどがアシストが付くゴールとなった。

 

-選手コメント-

前半からスピードに乗ってプレーする事で自分たちの流れを作る事が出来たのでよかったです。

決勝ラウンドも日本が得意なハードワークで勝ち続けて行きたいと思いますので応援よろしくお願いします。

#17 宮崎 浩一郎

 

試合中、熱くなってしまったところもありますが、

序盤からしっかり足も動いていたので良いリズムで試合を展開する事が出来ました。

次の試合に向けてモチベーションを上げて行きたいと思います。

明日以降も応援よろしくお願いします。

#26 増渕功樹

 

 

-今後の試合スケジュール-

9月5日 9:00(日本時間10:00)~ 対インド

9月6日以降 決勝ラウンド

 

なお、大会公式サイト上でライブ中継が行われます。

日本の試合が中継されるかわかりませんが、世界各国のプレーをご覧いただけますのでぜひチェックしてみて下さい!

http://firs.rollersports.tv/live/liveId=A217BCEBB2594BDF8FE2E65131DBF6630255

 

 

インラインホッケー 対台北

-試合結果-

インラインホッケー第1戦、日本対チャイニーズ台北の試合の結果は、6対4により勝利しました。

前半 後半 トータル
日本 3 3 6
台北 1 3 4

※前半20分 後半20分 STOP TIME

本日のゴールキーパーは前半#66鈴木、後半#77山口が出場しました。

 

-日本得点状況-

 時間 ゴール アシスト アシスト
01:44 #13 岡田 #11 一條 #
03:00 #73 多田 # #
15:10 #91 金谷 # #
00:30 #22 曽山 #73 多田 #
01:30 #13 岡田 #11 一條 #
03:20 #26 増渕 # #

試合開始1分44秒で#11一條のシュートから#13岡田がリバウンドを押し込みゴール。日本代表初得点を決めた。

その後、3分00秒に#73多田がサイドから単独でスロットゾーンを横ばいし相手キーパーを動かしながらのシュートを決め2点差にしたが、そこから反則を取られる場面が多くキルプレーで1点を返され2対1に。なかなか点差を広げられない展開が続いた。

しかし15分10秒に#91金谷が相手ゴール前でチャンスを決め再び点差を2点に広げて、試合を折り返した。

後半も日本は反則が多く完全には流れをつかめずにいたが、#22曽山・#13岡田・#26増渕のゴールにより終止日本リードで初戦を勝利で飾った。

 

-選手コメント-

前半の早い段階で得点取れたので良い立ち上がりになり、

試合を優位に進められる事が出来ました。

お互い反則が多く完全に流れを掴みきれない試合展開でしたがまずは初戦を勝利で終える事ができてよかったです。

明日の試合に向けて、悪かったところは修正して明日も全力で試合に挑みたいと思います。

#8 西永 健太郎選手

 

-今後の試合スケジュール-

9月4日 9:40(日本時間10:40)~ 対マカオ

9月5日 9:00(日本時間10:00)~ 対インド

9月6日以降 決勝ラウンド

 

なお、大会公式サイト上でライブ中継が行われます。

日本の試合が中継されるかわかりませんが、世界各国のプレーをご覧いただけますのでぜひチェックしてみて下さい!

http://firs.rollersports.tv/live/liveId=A217BCEBB2594BDF8FE2E65131DBF6630255