メインビジュアル

アーティスティック選考会で派遣選手が決定!

2017年5月5日(金)~6日(土)、徳島県にある徳島市立スポーツセンターで「第65回全日本フィギュア選手権大会」が開催された。第65回を数える大会の歴史は古く「第1回全日本スピード・フィギュア選手権大会」が、1953年(昭和28年)11月に岐阜県大垣市で開催されている。
アーティスティック競技(日本ではフィギュアの呼称で親しまれてきた)は規定とフリーがあり、フリー競技ではアイススケートのフィギュア競技と同様に、ジャンプ、スピン、ステップの演技を音楽と調和をはかり表現し、技術と芸術性が審査の対象となる。
本大会にはクラス別に、シニア女子3人、ジュニア女子9人、ソロダンス女子2人、エレメンタリー女子7人、プライマリー男女6人が出場した。また、今夏に中国・南京市で開催される「2017南京世界ローラースポーツ選手権大会」(2017 FIRS World Championships-Roller Games)へ派遣する選手選考会となっており、派遣対象のシニアとジュニアクラスの成績上位は以下の通りです。

◇シニア女子(所属は重複省略)
規定:1位 岩片里会子(前田建設)、2位 藤倉みき(川島病院)3位 松浦咲(日亜化学工業)
フリー(ショート&ロング):1位 藤倉みき、2位 岩片里会子
◇ジュニア女子(所属は重複省略)
規定:1位 伊勢綾乃(城東高校)、2位 安達美有(上智大学)、3位 熊澤悠亜(小松島西高校)
フリー(ショート&ロング):1位 熊澤悠亜、2位 伊勢綾乃、3位 櫛淵英(徳島市立高校)
◇ソロダンス
シニア:1位 平岡美鈴(日本大学)、ジュニア:1位 安達美有(上智大学)

大会終了後選考委員会が開催され、クラス別に以下の選手が派遣されることになりました。
◇シニア 藤倉みき、岩片里会子、松浦咲
◇ジュニア 熊澤悠亜、安達美有、櫛渕英
◇ソロダンス 平岡美鈴、安達美有