メインビジュアル

ローラーフリースタイルの男女代表選手が決定!

2017年5月28日、静岡県静岡市にある東静岡アート&スポーツ/ヒロバで、「2017南京世界ローラースポーツ選手権大会」で実施される「ローラーフリースタイル競技」に出場する日本代表選手選考会が開催されました。
本大会は、JISA(日本インラインスタント協会)が主催し22年の歴史を持つアグレッシブインラインスケートの全日本選手権「JASPA(ジャスパ)」と兼ねて開催された初の大会です。(注:南京世界選手権では、競技名「Roller Freestyle」が使用されます。)
東静岡アート&スポーツ/ヒロバは、今年5月13日にJR東静岡駅北口の市有地にオープンしたばかりの日本最大級のローラースポーツ屋内施設を持つ、スポーツとアートをテーマにしたローラスポーツパークです。 スケートボードやインラインスケート、BMX等の各種スクールやイベント等が年間を通じて行われています。
今大会(パーク種目)では、グリップも良いコンクリートの上にセクションが設置されているのでストレスなく滑走でき、グラインドトリックはもちろん、エアートリックも可能となり迫力ある熱戦が展開されました。男女31名が参加した試合結果は、優勝・同前陽貴(どうぜんはるき)、2位・藤原 連(ふじわられん)、3位・東 千尋(あずまちひろ)となりました。
南京世界選手権には、男女各2名が派遣され、男子は上記の同前と藤原の2名が選ばれました。女子は東に加えて、女子の中で2位となった片山実咲(かたやまみさき)が南京への切符を手にしました。
ローラーフリースタイルは、9月2日・3日の日程で実施されます。