メインビジュアル

スピード リンク競技 〜 レース報告 ②〜

5日は朝から曇り空。8時からの300mタイムレースからスタートしました。

300mタイムレース
スプリント競技は男女ともまだまだ差があります。
ジュニアは男女ともアジア勢が優勝。
女子ジュニア(33人)
雑賀 姫夏 23位 28”896
吉野 友梨 26位 29”519
男子ジュニア(39人)
小山 滉平 32位 28″049
吉野 修斗 33位 28”539
シニア男子(44人)
川畑 拳吾 31位 26”070
座間 天平 32位 26”328

Junior Ladies
1- Peng Yue-Cih, China Taipei – 26’291.
2- Sarmiento Kerstink, Colombia – 26’330.
3- Rivera Camila, Colombia – 26’951.

Junior Men
1- Jang Junhyeok, South Korea – 24’471.
2- Yu Pen-Che, China taipei -24’488 .
3- Song Gwangho, South Korea – 24’53

Senior Ladies
1- Canon Andrea, Colombia 26’011.
2 – Chen Ying-Chu, Chinese Taipei 26’105
3 – An Yiseul, Korea 26’111

Senior Men
1 – Simon Albrecht, Germany 23’784
2 – Ioseba Fernandez, Spain 23’870
3 – Gwendal Lepivert, France 23’897

1000m
前日の予選をタイムで通過した雑賀選手がセミファイナルへ進出
1組 8位 1’36”087
タイムを狙い途中先頭を引っ張る頑張りを見せましたが、決勝進出はなりませんでした。

1000m予選

  

 

3000mリレー
ジュニア女子 予選1組 吉野 友梨、雑賀 姫夏、高萩 嬉ら 6位 4’32”587
リレーのプッシュはミスがなく、最後まで集団の中盤で互角で滑走していましたが、最後のタッチの後外側に膨らんでしまい6位という結果になりました。

 

ジュニア男子 小山 滉平、吉野 修斗、川口 哲平 5位 4’18”184
中盤まで集団についていきましたが、6チームの混戦の中のリレー、全体的なスピードについていけず5位という結果になりました。

シニア男子 川畑 拳吾、座間 天平、加藤 勝己 4位 4’03”682
予選通過まで1.6秒差の4位に終わりました。

【ワールドローラーゲームス】男子シニアリレー

日本ローラースポーツ連盟 JAPAN Roller Sports Federationさんの投稿 2017年9月10日

ジュニア15,000mエルミネーションレース
女子 雑賀 姫夏 21位、吉野 友梨 26位 (35人)
大集団の中で後ろで詰まってしまい早い段階でエルミネートされる残念な展開でした。
男子 小山 滉平 23位、川口 哲平 35位(36人)
前の選手の転倒に巻き込まれ転倒。川口選手は前に追いつけず、小山選手は前を追いかけレースに復帰しましたが、話されてしまいエルミネートされてしまいました。

シニア10,000mポイントエルミネーションレース
女子 後藤 眞佑 10位 15’43”743 (30人)
3名ポイントを取った選手がエルミメートされる中10位までのゴールメンバーに残りました。
男子 川畑 拳吾 19位 加藤 勝己 24位 (30名)
ポジションのキープが難しく余力を残してエルミネートされてしまいました。

男子ジュニア                         女子ジュニア