メインビジュアル

インラインアルペン日本代表選考!

2017年 5月4日(木)と6日(土)にさいたま市でWorldChampionshipsRollerGamesなどを含む2017年度のインラインアルペン競技の国際大会日本代表選考タイム計測会が行われました。

インラインアルペン競技は坂道をターンしながら滑走しタイムを競う種目です。

選考基準はベストタイムを記録した選手のタイムからのパーセントで決定されます。選考基準の大まかな意味は次の通りです。

日本代表A:国際大会のトップカテゴリで入賞が期待される

日本代表B:ワールドカップポイントの獲得やカテゴリ別での入賞が期待される

日本代表C:国際大会で2本目進出(50位以内)が期待される

強化指定:日本代表Cに近い実力を示しており、継続的な練習参加によって近い将来昇格が見込まれると監督及びコーチに認められた選手(国際大会にはオープン参加)

(詳細はこちら

選考のタイム計測会は、4日は追い風の中行われ、高速の中スケートをコントロールしてスピードを繋げていく力が問われるレースとなりました。また、6日は向かい風の中行われ、スピードを落とさないように自らスケーティングして加速いく力が問われるレースとなりました。

2回のタイム計測会でいずれもベストタイムを記録した尾崎惇史選手は、「技術的にはまだまだでしたが、冬のオフシーズンの間、良いトレーニングが出来た成果だと思います。世界選手権に向けて、選手一同さらにレベルアップしていき、本番でも活躍できると思いますので、応援宜しくお願いいたします。」と語りました。

また、今回初参加ながら強化指定選手に選抜された伊藤行男選手は、「大変良い経験が出来ました。トップ選手の滑りについては、これまで考えていた滑り方とは違う所があり、修正していくのに時間がかかるかもしれませんが、これからしっかりトレーニングを行って日本代表を目指していきたい。」と語りました。

 

◆選考結果

日本代表A:吉原考宣古田宗一郎尾崎惇史

日本代表B:長島夏葵

強化指定:伊藤行男

(敬称略)